2009年6月 1日 (月)

ダイナミック合気サンボと合気道との比較

ダイナミック合気サンボと合気道との比較

ダイナミック合気サンボの技は合気道の基本技の上に組み込まれているため、合気道の基礎知識及び経験のある方には、興味がもてると思います。サンボの技が入ることにより、技の効果性、実用性の幅が倍増します。合気道の基本技からこんな技が出来るという面白さ、技の深みに驚くことでしょう。ここに幾つかの合気道の基本技をベースにどのようなサンボの技が組み込めるか実例を紹介します。

合気道一か条技からのサンボ技 

ア。首刈十字固め 

イ。腹刈十字固め 

ウ。蜘蛛固め 

エ。肘関節固め 

オ。ひざ関節固め 

カ。アキレス腱固め 

キ。股関節固め 

ク。ネルソン固め

2.合気道二カ条技からのサンボ技 

 ア。肘締め首刈十字固め  

イ。いぞり投げ 

 ウ。腕十字固め  

エ。ひざ十字固め  

オ。巴逆十字固め  

カ。三角締め

合気道三か条の技からのサンボ技

ア。巻き投げ

イ。飛行機投げ

ウ。絡み投げ

エ。肘落とし

オ。巴投げ

カ。肩落とし

キ。肘巻き背負い投げ

合気道小手返し技からのサンボ技

ア。腕十字固め

イ。ひざ十字固め

ウ。首十字固め

エ。逆小手固め

オ。小手巻き投げ

カ。小手ひざ刈十字

その他四方投げ、入り身投げ、正面打ち、正面突き、横面打ち、前蹴り、まわし蹴りに対するサンボの決め技があります。合気サンボを体験すると、合気道及びサンボの技の効果性を再認識できます。合気道の基本技である、一か条からこれほど多くのサンボの技がかけられることを知って、驚かれると思います。ぜひ体験を薦めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンボに魅せられた男

サンボに魅せられた男

ビクトル古賀(本名。古賀正一)は、一橋高校から日大医学進学課程へ入学して、レスリング部に入部。しかし、医学よりも、レスリングの方が面白くなって、医学コースから法学部に転じた変り種である。周囲の猛反対も何のその。ビクトルはレスリング一本に打ち込んだ。高校時代にはレスリング部が無かったため、彼は千葉の佐倉高校や東京の京北高校などに足を運び我流ながら、マイペースで練習した。この自由奔放な性格、大陸的人間性がやがて日本でソ連国技のサンボを日本に根ずかせる基礎がために貢献したのです。
八田一郎日本アマレス協会会長の命令を受け、単独で、当時のソ連へサンボ修行に飛び立ったビクトルは、まず家業の京浜土地(株)という会社の事務を投げ出し、ついで家族を犠牲にした。一口に地位や私財を投げ出すと記述するのは容易だが、実際に実行するのは、大変であります。

これも格闘技にやみつかれたものの宿命か。ビクトルはサンボ一本に人生の照準を絞り込む。日本柔道を痛めつけたサンボには、それだけの魅力があったのであろう。その神髄を希求するために彼は訪ソした。当時のソ連は鉄のカーテンの国とされ、西側諸国とはほとんど交流が無く簡単に渡航ビザが出ない状態でした。彼の熱意が通じたのです。ビクトルがすぐさま神秘的な格闘技であるサンボに取り組めたのはなんと言っても彼の体内に流れる血に、ロシア人のそれが混ざっていた要因を見逃すことが出来ないばかりか、ロシア語を自由自在に操れたという理由をあげることが出来ます。
私のビクトル古賀先生に出会えたきっかけは、米海軍横須賀基地道場にレスリングの野田コーチの紹介とお膳立てで、レスリングとサンボと合気道の合同練習をしたのが始まりです。このときビクトル古賀先生と息子の徹さんが駆けつけてくれました。このとき初めて古賀先生のビクトル投げ、飛びつきうで十字等の技を体験して感動しました。

当時古賀先生は、横須賀汐入にあるダイエイショっパーズ五階の読売文化センターでサンボ教室を指導されていました。古賀先生はこの教室に私を呼んでくれました。此れをきっかけに、古賀先生のサンボの技を学び始め、サンボの素晴らしい投げ技、寝技、関節技を合気道に取り入れたらと思いつきました。古賀先生も私の希望に同意してくれました。そして、数々の有効なサンボの技を指導してくれました。ロシアにおける合気道指導活動にサンボの技を取り入れることにより、より多くのロシアの皆さんに私の合気サンボに興味を持ってもらい、参加してもらい、喜んでもらえると思うので、がんばるよう古賀先生から激励の言葉を頂きました。これからも、武器を持たない、ロシアの護身術であるロシアのサンボの技を積極的に取り入れ、合気サンボの護身術としての有効性、実用性を高めていく努力を続けたいと思います。

中澤流合気柔術
合気サンボインストラクター
柳聖館道場
館長 中澤健二

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ダイナミック合気サンボテクニカルアドヴァイザー

私の合気サンボのテクニカルアドヴァイザーの古賀正一先生

東海大学体育学部講師、国際レスリング連盟サンボ委員会委員、全日本サンボ連盟常務理事、同強化委員長、日本アマチュアレスリング連盟強化委員、柔道四段、相撲三段、ソ連スポーツマスター。
1935年昭和10年旧満州現中国ハイラル市で、父仁吉、母キセニア(ロシア人)の長男として出生。ロシア人、日本人、中国人、蒙古人、トルコ人等の中で育ってきた。
1945年昭和20年10歳で、終戦、単身帰国。弾丸二発を体に食い命からがら。。。。。
1954年昭和29年日本大学入学、レスリング部に籍を置き、本格的に取り組み、学生当時モスクワ世界選抜大会出場。以来25回ほどの海外遠征を経験。
1963年昭和38年二月日本アマレス協会はソ連のナショナルチームと四名のサンビストを招聘し、各地(横浜、前橋、神戸等)で対抗戦とデモンストレーシオンを繰り広げた。

此れに協会役員として同行、ステパノフ、シュリッツ両選手と親交を深めサンボの魅力を感じ、早速渡辺利一郎先生に相談、我が国への導入、普及の前にまずソ連留学を思い立つ。
1964年昭和39年バルカン遠征、そして各国転戦、諸外国の有能なレスラー、サンビスト、指導者等と友人関係を結ぶ。
1973年昭和48年第一回国際サンボ連盟設立記念ヨーロッパ選手権大会マンチェスターで68キロ級に優勝、独自のサンボを見出す。
1975年昭和50年三月全ソ連選手権大会バクー市に参加。ロシア共和国マイコプ市、全ソ連選抜チームと対戦、国際、国内、公式試合41勝無敗。
1975年昭和50年12月、ソ連スポーツマスター受賞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイナミック合気サンボ横須賀基地道場

ダイナミック合気サンボ米海軍横須賀基地道場の稽古

米海軍横須賀基地道場の稽古は毎週月曜日と水曜日の午後
7時から8時半まで、フリートレック5階格技室で行って
います。より多くの基地内のアメリカ人の方に合気サン
ボの技を体験していただくために始めた教室です。日米
親善交流を兼ねた合同稽古を時々実施しています。事前
に連絡しますので、希望の方は参加してください。

ダイナミック合気サンボインストラクター
柳聖館道場館長
中澤健二

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイナミック合気サンボに影響を与えた人物

私のダイナミック合気サンボに影響を与えた人物(その一)

寺田精之範士十段

寺田範士との出会いは、横浜の戸塚道場でした。パーカー師範から紹介されたのが最初のきっかけです。パーカー師範は米海軍横須賀基地道場で私に養神館合気道を指導してくれた方です。戸塚の中和田道場で寺田範士にお会いできた日を今でも忘れません。パーカー師範は寺田範士の指導で35年合気道修行をされた方です。平日は基地道場でパーカー師範の下で、稽古、週末は戸塚の中和田道場で寺田範士の指導の下で稽古した日々が懐かしいです。1997年より寺田範士、パーカー師範のお供で、アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリア、ロシア等の諸外国を歴訪する機会に恵まれました。寺田範士の技が世界の人々に愛され尊敬されていることを知りました。寺田範士は拓殖大学出身で柔道の木村正彦と先輩後輩の仲でした。寺田範士は柔道の投げ技、寝技、締め技を養神館合気道に最初に取り入れた人物です。これが寺田範士の合気道の強さの背景であり、特徴でもあります。
2001年6月、私は初めて寺田範士をロシアにお連れし、合気道セミナーを実施しました。ロシアにおける合気道普及活動が始まりました。モスクワ、ペテルブルグ、ノボシビリスクに立派な道場が立上り、日露の活発な合気道交流が始まりました。私は寺田範士の素晴らしい合気道の伝統を維持するために、ロシアのサンボの投げ技、締め技を取り入れる決心をしました。これからも寺田範士から学んだ合気道の技を土台にして、私の合気サンボの技をロシア、ウクライナを中心に広めていきたいと考えています。

                         ダイナミック合気サンボ指導者
                           柳聖館道場館長
                             中澤健二

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンボの神様ビクトル古賀

サンボの神様、ビクトル古賀

ビクトル古賀先生は今年75歳という高齢にもかかわらず、毎回素晴らしいサンボの技を披露し指導解説してくれます。ビクトル古賀先生は1970年代に当時のソ連を中心に東欧諸国を転戦して歩き、41戦無敗の大記録を打ち立てました。試合で使い勝利をもたらした先生の技にはそれぞれの思い出とエピソードがあり、先生の解説入りでその技を指導再現していたただける事は、たいへん貴重な体験です。古賀先生の動きを見ていますと、決して力に頼って相手を崩すことはしません。小さな円運動で相手を崩し相手を投げ、知らないうちに関節技や締め技が決まってしまうのです。ビクトル古賀先生は、(秘密の自己防衛術)、(これがサンボだ)の著者です。先生から直接指導を受けた著名な日本の柔道家がたくさんいます。先生は日本の柔道の強化にもたいへん貢献され、日本にサンボを伝え普及させたパイオニアです。

毎月第一及び第三土曜日の午後4時より京浜急行汐入駅近くのダイエイショっパーズ5階読売文化センターに貴重な時間を割いて、古賀先生が指導に来てくれています。この機会にぜひ興味のある方は、見学に来てください。伝説のサンビスト、ビクトル古賀の神技を見る機会があるかもしれません。

          ダイナミック合気サンボ
           インストラクター
             中澤健二   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ダイナミック合気サンボのお勧め

ダイナミック合気サンボのお勧め

ダイナミック合気サンボは日本の合気道とロシアのサンボが融合したものです。合気道の基本技にサンボの投げ技締め技を組み入れたものです。例えば、合気道の一か条の技で相手の肘関節決めた後に、サンボの首刈十字固め、あるいは腹刈十字固めに入ることが出来ます。合気道の二カ条の技で相手の手首関節を決めた後に、サンボのいぞり投げで相手の首を決めます。合気道の三か条の技からサンボの巻き投げ及び飛行機投げをかけます。合気道の小手返しが決まってから、腕十字及びひざ十字固めに入ります。このほか四方投げ、入り身投げ、天地投げ、肘締め、肘固め、腕がらみ投げ等の合気道技からサンボの背負い投げ腰投げ、巴投げ、巻き投げ、そり投げ、龍投げ回転投げ、絡み投げ、肘落とし、かにバサミ、ビクトル投げ等の技をかけることが出来ます。合気道の基本技を習得していれば、合気サンボの技は入りやすく、覚えやすいと思います。合気サンボの投げ技や寝技には、多くの共通点あります。柔道やレスリングの経験者にとっ親しみやすいと思います。
合気サンボには有効な当身技があるので、合気道、柔道、レスリングに経験のある方にとっては、有益と思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

ダイナミック合気サンボ講師

ダイナミック合気サンボ講師

中澤健二の自己紹介


1949年12月4日横浜生まれ。
学生時代、陸上競技、自転車、スピードスケートで基礎体力を養成。大学時代は英語、フランス語等外国語の勉強に励む。在学中、ヨーロッパ一周の旅、アメリカホームステイの旅を体験する。卒業後、神奈川県警に入社、各種武道を習得する。1976年渡米カリフォルニア州サンフランシスコで通訳ガイドの仕事をしながら、夜サンフランシスコ周辺のスポーツクラブで護身術の指導をする。在米中永住権を取得。1983年帰国。米海軍横須賀基地に通訳として再就職をする。同年養神館合気道8段エイモス、リー。
パーカー師範に出会い弟子入り。以来ベースの道場で20年合気道修業をする。1995年ロシアでの合気道指導開始。1997年より養神館寺田最高師範とパーカー師範と供に合気道世界巡回指導の旅に参加、米国、カナダ、オーストラリア、ブラジル、ロシア等でセミナーを実施、養神館合気道普及活動に協力。

2000年6月に五段を授与する。
2002年より英信流居合道、少林寺拳法、サンボの修行を始め、今日に至る。2009年1月、米海軍横須賀基地内道場にて、ダイナミック合気サンボの指導を開始。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイナミック合気サンボ稽古場所

ダイナミック合気サンボ稽古場所と入会案内

ダイナミック合気サンボの稽古は毎月第一第三と第五土曜日午後4時から5時半まで、ショっパーズプラザ横須賀の五階の読売日本テレビ文化センターの教室で行っています。

稽古場所。入会案内に関する問い合わせ。
読売日本テレビ文化センター横須賀
238-0041
横須賀市本町2-1-12
ショっパーズプラザ横須賀5階
電話046-821-2554
FAX 046-827-8305
E-メール YOKOSUKA@YNC.NE.JP
体験及び入会を随時受け付けています。
交通:京急汐入駅から徒歩5分
   JR.横須賀駅から臨海公園を抜けて徒歩10分

ショっパーズプラザのテラスからは臨海公園と横須賀港の海と軍艦が見えます。横須賀の歴史である軍艦三笠と猿島が見える三笠公園があります。近くに米海軍横須賀基地があるため。週末には、米軍人及び家族たちでにぎわう国際色豊かな環境です。この素晴らしい異国情緒にあふれた横須賀の町でダイナミック合気サンボの稽古をしてみませんか。

         ダイナミック合気サンボ
         チーフインストラクター、中澤健二
         テクニカルアドバイザー、古賀正一 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

ダイナミック合気サンボ海外セミナー

ダイナミック合気サンボ海外セミナー

私の海外セミナーはロシアのサンクトぺテルブルグで始まりました。ぺテルブルグは私の妻ザゴロブスカヤ。エレーナ。ビクトローブナの故郷であります。この町で養神館合気道捨身道場で指導するルスタム先生と知り合い、私の合気サンボの海外セミナーが実現しました。ルスタム先生とは1995年以来の長い付き合いです。最近の私のロシアの旅の宿は彼の家でのホームステイです。彼のお母さんの手作りのロシアの家庭料理でもてなされています。25回のロシアの旅で感じたことは、ロシアにおける合気道はまだまだマイナーであり、やはりメジャーは伝統的なロシアのサンボであることです。ロシアでは、サンボは軍隊、警察、国民の体力作りに活用され、国内の普及率は大変なものです。
このサンボの技を合気道に導入してロシアでの指導活動を行えば、ロシアにおける合気道人口が増加するというアドヴァイスをビクトル古賀先生から貰い、私の合気道をダイナミック合気サンボと改名しました。古賀先生から学んだサンボの技を取り入れた結果、私の合気道はダイナミックに変化しました。

ロシアのぺテルブルグ、ウクライナのキエフ及びリボブでセミナーを行い、多くの参加者に合気サンボの技を楽しんでいただきました。今年のスケジュールは6月の米国加州サクラメント、10月のロシア、サンクトペテルブルグの海外セミナーです。更なる発展を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ダイナミック合気サンボとは