« 文化センターでのダイナミック合気サンボ稽古 | トップページ | ダイナミック合気サンボ海外セミナー »

2009年4月20日 (月)

ダイナミック合気サンボとは

ダイナミック合気サンボとは

伝統的な日本の護身術である合気道とロシアの伝統的な素手による格闘術を合体したものです。ダイナミック合気サンボは護身の技です。勝敗を競う試合形式をとりません。稽古はあくまでも二人一組の組手主体でお互いに協力し合って、技の上達を目指し、修練を楽しみ、仲間との友好を深める武道です。

1995年3月、ロシア、サンクトペテルブルグにて現在の妻である・ザゴロブスカヤ・エレーナ。ビクトローブナとの初の出会いがありました。私とロシアの交流はこの時から始まりました。同年6月、合気道を修練している3名の地元合気道家に会い、稽古を始めたのをきっかけに2005年までの10年間で25回のロシアの合気道指導の旅をしました。この間にロシアのサンボとの出会いがありました。
ロシアは武道が盛んで、プーチン大統領も自ら武道を奨励しています。ロシアでは護身術としての効果性が強く求められています。空手、柔道、合気道等が盛んですが、国技であり伝統的であるサンボは特に盛んです。ロシアのサンボ人口は大変なものです。
サンボの投げ技、寝技、固め技、絞め技、関節技には柔道やレスリングにない独特の味があります。
私は以前より合気道にロシアのサンボの技術を取り入たいと願っていました。このきっかけとなったのが、横須賀米海軍基地内のアメリカン・ハイスクールでレスリングを指導している野田コーチがビクトル古賀先生を招き、合同稽古をしたことです。以来、古賀先生とサンボの交流が始まりました。
サンボの技術指導をサンボの第一人者、元ソ連邦・サンボ世界チャンピオンのビクトル古賀先生から受ける幸運に恵まれました。古賀先生はロシアのサンボを日本に紹介し、普及活動に貢献された方です。
日本とロシアにおける彼の人望及び名声は高く評価されています。このサンボの技と当身技と合気道の技を絡み合わせたものが私のダイナミック合気サンボです。
目的は護身術としての技の効果性、有効性の改善・健康増進・体力強化・日露の文化交流及び親善に役立てる為です。

|

« 文化センターでのダイナミック合気サンボ稽古 | トップページ | ダイナミック合気サンボ海外セミナー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198210/29212597

この記事へのトラックバック一覧です: ダイナミック合気サンボとは:

« 文化センターでのダイナミック合気サンボ稽古 | トップページ | ダイナミック合気サンボ海外セミナー »