« ダイナミック合気サンボ横須賀基地道場 | トップページ | サンボに魅せられた男 »

2009年6月 1日 (月)

ダイナミック合気サンボテクニカルアドヴァイザー

私の合気サンボのテクニカルアドヴァイザーの古賀正一先生

東海大学体育学部講師、国際レスリング連盟サンボ委員会委員、全日本サンボ連盟常務理事、同強化委員長、日本アマチュアレスリング連盟強化委員、柔道四段、相撲三段、ソ連スポーツマスター。
1935年昭和10年旧満州現中国ハイラル市で、父仁吉、母キセニア(ロシア人)の長男として出生。ロシア人、日本人、中国人、蒙古人、トルコ人等の中で育ってきた。
1945年昭和20年10歳で、終戦、単身帰国。弾丸二発を体に食い命からがら。。。。。
1954年昭和29年日本大学入学、レスリング部に籍を置き、本格的に取り組み、学生当時モスクワ世界選抜大会出場。以来25回ほどの海外遠征を経験。
1963年昭和38年二月日本アマレス協会はソ連のナショナルチームと四名のサンビストを招聘し、各地(横浜、前橋、神戸等)で対抗戦とデモンストレーシオンを繰り広げた。

此れに協会役員として同行、ステパノフ、シュリッツ両選手と親交を深めサンボの魅力を感じ、早速渡辺利一郎先生に相談、我が国への導入、普及の前にまずソ連留学を思い立つ。
1964年昭和39年バルカン遠征、そして各国転戦、諸外国の有能なレスラー、サンビスト、指導者等と友人関係を結ぶ。
1973年昭和48年第一回国際サンボ連盟設立記念ヨーロッパ選手権大会マンチェスターで68キロ級に優勝、独自のサンボを見出す。
1975年昭和50年三月全ソ連選手権大会バクー市に参加。ロシア共和国マイコプ市、全ソ連選抜チームと対戦、国際、国内、公式試合41勝無敗。
1975年昭和50年12月、ソ連スポーツマスター受賞

|

« ダイナミック合気サンボ横須賀基地道場 | トップページ | サンボに魅せられた男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198210/29889928

この記事へのトラックバック一覧です: ダイナミック合気サンボテクニカルアドヴァイザー:

« ダイナミック合気サンボ横須賀基地道場 | トップページ | サンボに魅せられた男 »